大阪のマンションの売却・査定お役立ちブログ | 大阪市のマンションの売却・査定ならイーアス不動産株式会社

お役立ち情報ブログBLOG

中古マンション、購入側が抱く不安5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから中古マンションを売却しようと思っているが、
「どういう風に売り出していくべきか?」
「購入側はどのような不安を抱いているんだろうか?」
などといった疑問を抱いてはいませんか?

今回はそんな方に、中古マンションの購入を考えている側が抱く不安について知っていきましょう。

 

築古の物件に対して抱く不安

①安全性は大丈夫?

10年あたりではなく、30年以上前の物件になると、
多くの購入検討者は安全性に対して心配を抱くことがあるでしょう。

 

②設備や内観の古さや不便さはある?

築年数の古いマンションであればあるほど、設備や家のデザイン仕様は新築や最近のものと
異なることが多いです。
壁が古い、天井が低いなど、そういった問題は無視しがたいものであることが多いです。

そういった問題に関して言及された場合、部屋の設備や仕様に関して、
マンション売却が安い分、リフォームやリノベーションによって購入者側の好ましい仕様に変化
していただけるということをお伝えすれば良いでしょう。

 

③以前から住んでいる周辺のコミュニティが不安

中古マンション周辺には、その周辺で以前より暮らしている人が多く、
コミュニティが完成しているが故に、途中から入居した場合、居心地の悪さを感じることを
恐れる人が多くいます。
そういった方の不安を取り払うために、マンションのエントランスや、共有部分の様子を見てもらうことで
どのようなイベントが行われているのかなど、購入希望者側に知っていただける機会になります。

 

④建て替え工事が必要になる?

築が古いマンションだと、
「住み始めてすぐ建て替えになったらどうしよう・・・?」と不安に思う方がいます。
たしかに、建て替えとなったマンションは平均築37年とあり、可能性が無いとは言いきれません。
しかしながら、統計的にみると、ほとんど実施されていないのが現実のところです。
また建て替えには入居者の4/5以上の賛成が必要ですので、そのような不安を持つ必要はほとんどないでしょう。

 

⑤ローン組みができるか不安

ローン組みに関しては、利用者の返済能力・対象不動産によって金融機関が判断いたしますが、

審査が緩い金融機関もございますのでご安心ください。

 

最後に
いかがでしたしでしょうか。
中古マンション購入の際に購入者が気にすること5選でした。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンション売却金額の査定をご希望の方は
お気軽にご連絡ください

お電話でのお問合わせ

TEL 0120-241-614

                           

受付時間:10:00〜19:00
(水曜日定休)

担当:安田まで

簡単1分査定フォーム
(24時間受付)

この記事を読んだ方は、他にこちらの記事も読んでいます。